さばなのちくちくキルト日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おばあちゃん

         祖母の所に近所のおばあちゃん友達が遊びに来ていました。
         
         そのおばあちゃん友達が私に
         自分の着ている洋服(茶系の柄模様のシャツ)を指差して
         「このシャツ○○ちゃん(私の名前)の旦那さんのだよ」
         というのです。
     
         確かにこんなような柄のシャツを以前うちのだんなさんは
         持っていたような・・。
         でもそのおばあちゃん友達はとても小柄な方だし
         うちのだんなさんは身長176センチだし・・
         で、私  
         「ええっ でもサイズが全然違いますよねー」
         そしたら、おばあちゃん友達  
         「そうそう最初はすごく大きかったけど袖と丈を切って、脇と肩もつめたんだよ」

         私・・・びっくりというか感動というか・・。
         そうだこれだ!!私達現代人が忘れかけている事!!
         近所のおばあちゃんにほっぺたをはたかれて
         目が覚めたような衝撃でした。

         そんなサイズのぜ~んぜん違う、しかも知り合いといえど
         赤の他人の要らなくなった服なんて私達だったら
         直して着ようなんて思わないですよねー。
         でもちょっと前の日本は本当にみんなこうやって生活
         してたんですよね。
      
         なんでも使い捨ての文化にどっぷり漬かってしまった
         現代の私達。
         おばあちゃんを見てかなり反省しました。
         今の生活、ちょっと見直さなくっちゃ。です。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

って言うか・・・なんで、ご近所のおばあちゃんが
さばなさんの旦那さんの服を着てるの?!

どういう過程で手に渡った・・・?!
そこがめちゃめちゃ不思議ぃ~(汗)

カリメロ | URL | 2011/04/22 (Fri) 22:29 [編集]


カリメロさん。
だよねだよね~。
でもなんとなく想像つきそうじゃない??

さばな | URL | 2011/04/23 (Sat) 16:25 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。