さばなのちくちくキルト日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

松山敦子さんのボルチモアアルバムキルト

          今発売中のパッチワーク通信で始まりました新連載。
          松山敦子さんのマンスリーキルトを作りだしました。

          お冷やし (1)

         問題はイチゴのヘタの部分です。
         この先どうなる事やら~。

         梅雨明けするまでは涼しくてちくちくも
         さくさくっと進んでいましたが
         梅雨も明け、子供達の夏休みも始まり
         なかなか針が進みません。
         まぁぼちぼち行きますか。

         お冷やし

         サンディーは今年もお冷やしです。
  

スポンサーサイト

PageTop

パッチワーク用文鎮

        趣味の教室で先生がパッチワーク用の文鎮を
        使うとキルティングがしやすいというお話をしていました。

        でもこの文鎮けっこうお値段が高いんです。
        いつか欲しいな~と思っていたらセールになりました。

        っけ代

        で、教室のみなさんと一緒に買ったのです。

        っけ代 (2)

        こんなふうにフープにかけて使います。
        フープを使うほどでもない小さめの作品には
        そのまま置いて使います。
        確かにとても楽です。強いて言うならフープにかける
        突起がもう少しとがっていたらフープと布の間に
        はさめたのに・・と思います。

        っけ代 (1)

        でもあまりとがっていても作品を傷めるし危ないので
        しょうがないのかしら・・。
       
        実はこの文鎮を買う前に何か家の中で文鎮の代わりに
        なる重石はないかしら~と探していてみつけたのが・・

        っけ代 (3)

        これ。
        怪しげなミニチュア銅像。
        父が中国に旅行に行った時その辺の道端で
        作ってもらったそうです。

        これを持って父が旅行から帰ってきた時は
        家族のみんながしれ~っとしていて、その後も
        部屋の片隅にぽつんと置かれていたので
        ちょっと私が拝借しても誰も気づかないだろうと思い
        勝手に持ってきて使っていたのです。
        フープの角がちょうど首の後ろに
        当たって使い易かったんです。
        でも、何しろ粘土?で出来ているのでそのうち
        フープの角で削れてきてしまって
        見つかったら怒られる~と思い又、実家に
        こっそり返してきていたのです。

        資格修得の教室では大きなキルトを作る予定なので
        早速買った文鎮を使って作りたいと思います。

        

PageTop

課題

        パフのリースが出来上がりました。

        リース

        今日の教室で提出してきました。
        

        そして趣味の方の教室のバラのモチーフバックも出来上がりました。

        バラバック

        黒くて全然分からないですね(*_*)
        もう少しアップにすると・・・

        バラバック2

        こんな感じのポシェットタイプです。
        肩ひももサテンのリボンでちょっとおしゃれバックです。
        実際なかなか持つ機会はなさそうですが・・。

        趣味の方の教室は先生の課題をちょっとお休みします。
        そして今、発売中のパッチワーク通信でマンスリー新企画、
        松山敦子さんのボルチモアアルバムキルトを作ります。

        最近教室の課題をこなしながら自分の作りたい物を
        作る時間がなくてもやもやしていたのです。

        先生に思い切って自分の作りたい物を作っていいかどうか聞いてみましたら
        あっさりどうぞ~というお返事を頂きました。

        特別難しい作品ではないので教室でやる必要もないのですが
        じゃあ、趣味の教室をどうする?辞める?という事も考えたのですが・・。

        やっぱりそれは寂しい~!!ので辞めるのやめました。
        資格の方の教室もそうなんですが先生も他の生徒さんもとってもいい方達で
        お別れするのは辛いのです。

        資格習得の方は真面目に頭を使って製図なんかを
        習うのであまりおしゃべりはできませんが
        趣味の方はおしゃべりしに行っているといっても過言でないほどです。

        キルトでも何でもずっと一人でやるのは寂しいですものね!!
        一緒に楽しめる人がいて楽しみも倍になるんだと思います。
        私のまわりにはあまりキルトをする人がいないので
        教室のお友達は私にとってとっても大切な人達なんです。

        って事で、明日もちくちく頑張りま~す!(^^)!        
       

PageTop

課題

        パフのリース、綿を詰めて口を閉じました。
      
        ビリー (3)

        裏から見るとこんな感じです。

        ビリー (4)

        季節外れで気分は盛り上がりませんがこれをくるっと
        まるめて縫い合わせてクリスマスリースにの出来上がりです。

   
        そして同じく課題のサンボネットスーです。
      
        ビリー (2)

        裏はビリーです。

        ビリー

        写真の撮り方が下手で分かりにくいですが
        二人ともデニムのお洋服を着ています。

        ビリー (1)

        いきなり出来上がりの写真ですが実はこれ、
        かれこれ8年ほど前に作ったものです。
 
        先生が作ったことあるならそれを提出すればいいよ~と
        言って下さいまして!
        娘がお稽古に使っているバックを中身をぽいぽいっと
        出して提出してきました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。