さばなのちくちくキルト日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パッチワーク通信

       画像 046

   
       パッチワーク通信が発売になりました。
       松山敦子さんのマンスリー企画誌上発表会が載っています。
       きゃ~どきどきしながら本屋さんへ行きました。

       7点の作品が載っています。わーみなさん上手です!
       私の作品は・・あぁやっぱり写真の写りが悪いなー。

       屋外で撮ったものと室内で撮ったものと2枚送ったのです。
       屋外は明る過ぎ、しかも撮影日は強風。
       室内は暗すぎ、作品を床に広げて高い所から撮ったの
       だけれど高さがイマイチ。

       で、どちらの写真もイマイチでどちらがいいのか分からなかったので
       両方送ったのです。
       で、屋外で撮った写真が採用されていました。

       画像

       私はトップしか仕上げられなかったけれどきちんと最後まで
       完成させている人もいますね。
       すごく刺激になりました。
  
       こんな機会を与えていただいて感謝感謝です

スポンサーサイト

PageTop

お守り

      我が家の娘は卓球少女。
      いつも行く手芸屋さんでこんなにかわいいワッペンを見つけました!

      画像 014

      即買いです。
      あんまり卓球ものってないのよね~。
      こんなお守りを作ってみました。

      画像 015

      画像 016

      気合!のみょ~にセクシーなうさぎちゃんの意味が分かりませんが・・。

PageTop

ビニコのトートバック

       お友達に和服にあうビニールコーティングのバックを
       作って欲しいという依頼を頂きました。

       超~細かいお正月タペに煮詰まっていたので
       気分転換に早速試作品を作ってみました。

       画像 007

       前に買っていつか使おうと思っていたもの。
       早速お気に入りの布を探して・・・
       お気に入りの布はたくさんあるけれどどれにしようかな~
       で、結局この布になりました。

       画像 006

       びみょ~に怖い・・。でも可愛い!!
       やっぱり赤い布大好き!!

       画像 005

       アイロンで接着してコーティングします。
       思ったより簡単で楽しく出来ました。
       ただすご~く体に悪そうなビニールの焼ける臭いが
       アイロンをかけている時にしました。
       出来るだけ吸い込まないように手早くアイロンがけしました。

       市販のビニコより紙っぽい??質感です。
       ミシンも普通にかけられて扱いやすいのですが
       難点は紙っぽいだけあってしわになりやすいのです。
       中表で縫った後裏返す時なんか思いっきり紙です。
       縫う時の癖付けはしやすいのですが・・。

       画像 008

       出来上がりはこんな感じになりました。
       どうかしら・・。

PageTop

とりあえずちくちく。

       ただ今手持ちの課題がないのでちくちくというと
       何を作ろうか、どんな布で作ろうかとそこからの
       話になります。

       でも取り急ぎちくちくしたい!(もう、ちくちく中毒ですね。これは。)
       で、ちょっと前に作ったハワイアンキルトを出してきて
       元々のキルトラインの中に更にキルトをしました。

       画像 019

       なんか気持ち悪い!ここまで執拗なキルトって!
       自分で言うのもなんだけど病的なものすら感じるわ・・。

       でもこのちくちくという単純作業、ストレス解消にはとても
       いいそうです。何とかいう快楽物質が脳から分泌されるそうです。
       
       でも、ちょっと飽きたので明日から新しい作品作りに入ります。
       今、発売中のパッチワーク通信に連載中の松山さんの
       マンスリーキルトを作り始めます。
      

PageTop

巻きバラの作り方

       ご要望のありました巻きバラの作り方をお教えします。

        画像 005

       土台になる布と花になる布を用意します。
       この場合土台布は1辺が2センチ、バラ布は1辺が5.5センチの
       六角形です。
       土台布は薄手の布だときれいな六角形が出にくいので
       はりのある厚めの布の方がいいようです。

       画像 006

       中表にして二枚を縫い合わせます。
       花の布の中心を折って縫い始めに持ってきて
       土台布と合わせて縫います。

       画像 007

       二辺縫い終わった所です。

       画像 008

       辺と辺の始まりと終わりは返し縫いをするといいですよ。

       画像 009

       六辺縫い終わりました。
       そして裏に(土台布に)小さくハサミで切り込みを入れて
       表に返します。
       
       画像 010

       齋藤瑶子先生がどのように作っているか分かりませんが
       このやり方が簡単で綺麗にできるようです。
       教室では一辺の半分位を縫い残して表に返し
       返し口をまつり縫いする方法を教えて頂きました。
       が、何しろ私はサテンで作ったのでとても縫いにくく
       試しにこの方法で作ってみたら随分楽にできました。

       表に返したら目打ちなどで角を出してきれいな
       六角にして下さいね。

       そして花の中心を持って回しながら土台布に縫いとめます。
       花芯にビーズなどを付ける場合はこの時一緒に縫いつけます。

       画像 011

       私はついでに裏(土台布)の返し口もこの時一緒に縫いとめました。
       
       裏はこんな感じです。

       画像 012

       どうですか?私の説明分かっていただけたでしょうか?
       口で説明するのと違って文にするのって難しいですね(汗)
       分からない所があったら遠慮なく聞いてくださいね~!!




      

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。